Yyy95の鉄道ブログ

∇ナブラ∇の交通ブログ

神戸に住んでいる高校生が日々撮影した写真をあげていきます。

80.JR北海道H100形の甲種輸送を撮る

こんばんは。

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。

当ブログをご訪問して頂きましてありがとうございます。

 

 

本日は2020年最初の鉄活に行きました。

狙うのは、川崎重工から苗穂に甲種輸送される、JR北海道の新型ハイブリッド型気動車H100形です。

 

f:id:Yyy95:20200105143910j:image

223系6000番台V26編成+221系??編成 C0472+C0477 772T 快速 米原行き

 

新年最初に撮影したのは、毎度甲種輸送の撮影ではおなじみの、甲種輸送通過の直前に通過する快速772Tです。

 

今日の昼には網干訓練もあった影響か、甲種輸送が通過するだいぶ前から撮り鉄さんが密集していました。

おかげでカメラをどこに向けても人が入ってしまい、ようやく自分の場所を確保した時には、もうこの直前の快速がやってきたのです。


f:id:Yyy95:20200105143903j:image
f:id:Yyy95:20200105143906j:image

甲191 8660レ  DE10-1743号機 牽引

JR北海道 H100形 H100-15他 計7両

13時36分 甲南山手駅通過

 

珍しく休日に行われ、かつ新年最初の甲種輸送ということで、通過時には駅に物凄い人数の撮り鉄さんが集まっていました。

それに興味を持った一般人の方々もカメラを構え出して、身を乗り出してきます。

直前になって、またしてもなかなか自分の撮影場所が定まりません。

人が入らないように努力しましたが、結局はちょっと端に入ってしまいました。


H100形は、この後北陸を通り抜けて、遠路北海道を目指します。

北海道を走るキハ40の置き換えを目的に順次投入されていく予定です。昨年9月に量産車6両(H100-3〜H100-8)が川崎重工から甲種輸送されました。

今回はそれに続く7両(H100-9〜H100-15)が輸送されています。

具体的な時期は発表されていませんが、最終的には60両導入予定のようです。

 

パッとみたところ、車体のカクカクっとしたデザインは新潟に導入されているGV-E400型と似たところが見受けられます。

H100形はGV-E400型と基本設計は同じなので、寒冷地仕様のGV-E400型みたいなものですね。

 

 

yyy95.hateblo.jp

 

 

ja.m.wikipedia.org

 

 

f:id:Yyy95:20200105151040j:image

愛称は「DECMO」で、車体横にも大きく書かれています。

ディーゼルエンジンで電気をつくり動くハイブリッド型なので、キハなどの形式名は省略され、「Hokkaido」のHをつけたそうです。


投入場所は、函館本線の小樽から長万部区間、通称「山線」です。

北海道での活躍を期待しています。

 

 

今日はここまでです。

 

それではまたー!